スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまどきのブランド品

 今や高校生から、いや中学生の頃から、ブランド志向があり、若年層が高~いブランド品を持ち歩いている。
おこづかいの少ない中年のおじさんたちは、週末の酒も我慢していと言うのにぃ・・

自分で稼いだお金で何を買おうと勝手だろう!といわれてしまえば、まあ、そうだ!と答えるしかないけれど・・


最近高級ブランドが不用品を使用した商品開発に熱い

目的が、途上国序女性の雇用創出と検品ではじかれた素材の再利用というから、、すばらしい 社会貢献だ!!

例えば、イタリアのバッグブランド 【カルミナ・カンプス】は
コーヒー豆の入っていた布袋を活用して、リボンで飾った。
auction 814

                

アフリカの女性に賃金を払って、デザインや製作を依頼したものなどもある。

また、イギリスの【ヴィヴィアン・ウエストウッド】も、
アフリカ女性の自立支援の一環として作製した。

それが、とてもユニークかつ斬新なアイデアである。

ファスナーの変わりに、電気コードを、生地には使い古したテント地を・・・
価格は結構高くて3万円台。
              auction 815

エルメスでは、製作過程で基準に達しなかった素材を再利用している。たとえば、しわがあって使えなかった水牛の皮や、柔らかすぎたバッグを装飾で補強したり、もう職人技の域である。


最近では、日本や欧米の服飾業界では自社の商品を回収してリサイクルするという取り組みが注目を集めているそうだ。








スポンサーサイト


もうすぐお中元の季節だ。

最近では、おつきあいの関係が変わっている様だ。

今までは、お中元とは日ごろお世話になっている人へ贈るものだった。
が、その割合が今は友人などの個人的関係が入ってきている。

社員旅行や忘年会などのイベント参加も任意にするところが増えている中、
上下関係にもなんらか影響が出ているようだ。

上司よりも友人、親類・・ゼロとは言わないが、その割合は確実に変わってきている。

また、中元用ギフトを買って家族で楽しむ新しい形も見え始めた。
これは、面白い。自分たちの労をねぎらうのか、家族の新たなる結束を誓うのか・・・


送り先トップの推移

84~87年  上司(仕事関係)

88~90年  親類

91年~    両親

    

2007年調査によると、

1位  両親  親類   前年3位の上司は5位に転落

 代わりに知人 友人が上位に入った。


これは明らかに、社会的人間関係の変化だ。
若者たちに いわゆる ’しきたり’が受け継がれず、日ごろのお付き合いも希薄化が拍車をかけている。

縦の関係から横のつながりへと変化しつつある。


私も始めて知ったのだが、お中元返しはないそうだ。(基本)お歳暮も同様。
みなさん、知っておくといいね。

それにしえももらいっぱなしはいやだよね。メールやなにかでお礼程度いっておけばいいでしょう。

これからも、いろいろな古くからのしきたりが消えていくと思う。残るものは残り受け継がれていくが、若者が不要と思えば切り捨てていく。それが、文化だからだ。

ただ、日本がこれだけの高齢化社会で、昔からのしきたりに準じて生活をする一方で、若者は若者たちの文化を育て上げていく。混在、いや共存? はたまた融合するのだろうか。

とても興味が湧く。

働く女性 節電ビズ?

今年の夏は否応なく企業でも、個人でも節電が求められている。
従って、夏の必需品でであるエアコンに期待できなければ自らをグッズで冷やすかあるいは
脱いでいくしか方法はあるまい。

大切なのは、順応だが時間がかかることだ。体もお順応していけば必ず進化する。
しかし、今それは待てない。

前回5/20に男性のビズポロを紹介した。


今回は、働く女性応援服

室温の設置温度が28度と高めでも、快適に過ごせるような装いを工夫しようと不調だった百貨店がクールビズに力を注いでいる。

着用してひんやり感じる素材の服や、女性が気になる汗染み対策に力を入れた服など、
『節電ビズ』と謳って充実させている。→ちょっと聞こえがダサいが・・・

もうちょっとスマートな言葉が見つからなかったのだろうか?!

が、しかし今率直なネーミングも享けてはいるが・・たとえば、鼻と~るとか鼻す~す~
ほかにもたくさんある。


ひんやり感じさせる加工のほかに、汗を吸水し、汗や熱を放出する。また、汗取りパッドが交換できるものや、首の後ろに保冷剤がいれられるものなど、アイディア満載だ

男性用のように、Tシャツでもきちんとした印象が演出できるものや(ネーミング付け襟)
紫外線防止剤が使用されていて、胸元の日焼け防止にもなる。

スタイリストさんのアドバイスによると、襟付きTシャツやストール型カーディガンなどを羽織ると汗染みたい策+涼しさ(調節)+デザイン性でカジュアルでも品のよさが生まれるので失礼にはならないそうだ。

今年の夏は、いろいろ物色するのも楽しいかも・・

なんてったって、初めての試みなんですから。

ちなみに、、
 ↓

 ネクタイなし用

   あり用
              
     
 


          

               
                                         
                   





                                        
                      





  










働く女性 -節電ビズku

☆ダイエットコーナー
大人気の骨盤ダイエット!


メタボ対策しましょ!


★美容











悩み解決!



<<いまどきno広告>>
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。